ひとはな日和

脱サラし移住した田舎でサラリーマンしながら畑やってます!目指せ!脱サラと、ひそかに自給自足に憧れています。

「ローマ法王に米を食べさせた男」を読んで

おはようございます。

Syoです。

寒くなりましたね。

みなさん、読書の秋は楽しんでますか?

今日は先日読み終えた、

ローマ法王に米を食べさせた男」

がすごく心に響くことが多く、

みなさんにもオススメしたいと思います。

 

ストーリー

初めての方にも、

簡単に本の紹介しますね。

 

主人公は高野誠鮮さん。

石川県の役場職員です。

お坊さんでもあります。

その高野さんが、

限界集落を活性化させる、

という任務を受け、

奮闘した様々な取り組みが本書の内容です。

 

ただ、普通のやり方では本になんかなりません。

とにかくぶっ飛んでいて面白い!

頑張っている公務員の方々には申し訳ないですが、

痛快!!!

です。

 

高野さんのユニークな取り組みを少し紹介。

  • 「お酒が飲める女子大生」募集
  • 役場職員を駅長にすれば赤字になる道の駅
  • ローマ法王にブランド米を献上
  • UFOで町おこし
  • JAと行政で自然栽培

などなど…

普通の公務員の常識では到底できそうもないことばかりです。

 

ですので、

ただ「面白い」という本ではなく、

問題にぶち当たった場合の解決方法や、

いかに人を巻き込むか、

といったビジネス書、自己啓発本にも通じる内容が多々あります。

ノンフィクションだけでなく、

ぜひビジネスマンにもオススメしたい1冊です。

 

また、実はこの本はドラマ化されています。

わたしは見たことはないのですが、

「ナポレオンの村」というドラマです。

気になる方はこちらもチェックして見てください。

 

感動はいらない

一番心に響いたことを紹介します。

それは、

 

「感動よりも行動してほしい」

 

です。

 

講演会、

勉強会、

研修会、

視察…

自分たちの取り組みのために、

こういったことをし、

その場では感動し、

「よし、やろう!」と決意する。

けれど、いざやろうとすると、

「あの人がいるからできない」

「あそこは特別だからできた」

「予算もないし、補助金も降りないから、できない」

できない理由を並べて、

結局はやらない。

そういう人がいかに多いか、

高野さんは嘆いています。

 

「少しでもいいから、社会をよくするために一緒に行動する仲間が欲しい」

 

高野さんの本気のメッセージが強く伝わってきます。

 

何か本を読んで一時的にやる気になり、

その後は…

という自分に刺さりました。

  

可能性の無視は最大の悪策

「何か目標達成のために、

 できることがあるなら、

 少しでも可能性があるなら、

 やってみよう!」

 

こういったことは、

言葉ではわかっていても、

なかなかできないものです。

 

ところが高野さんは違います。

 

小さな村からローマ法王や、

アメリカ大統領、

レーガンサッチャー

NASAにまで、

手紙を出したり、

働きかけをしています。 

特にツテがないのに、です。

 

わたしたちの多くは、

「どうせできっこない」 

と想う人が大半ではないでしょうか。

可能性があるならやる!

これは全ての人の参考になるのではないでしょうか。

 

3種類の人間

高野さんは組織の中の自分自身の役割・立場を

判断するのに、

人を次の3つに分類しています。

  • いてもいなくてもいい人
  • いちゃ困る人
  • いなくては困る人

これ、すごくわかりやすいですよね?

自分自身へ問いかけ…

みなさんどうでしょうか?

「いちゃ困る人」

ではないにしても、

「いてもいなくてもいい人」と

「いなくては困る人」の自己判断は、

すごく難しい。

胸張って「いなくては困る人」と言えるには、

まだまだ自分は甘いです。

 

 

おわりに

いかがでしたか?

この本は、

物語としても面白く、

様々な気づきも得られます。

ぜひみなさんにも読んでいただきたい本です!