ひとはな日和

脱サラし移住した田舎でサラリーマンしながら畑やってます!目指せ!脱サラと、ひそかに自給自足に憧れています。

保存食!自家仕込みトマトピューレ!

こんばんは。

Syoです。

秋は忙しいです!

美味しいものが本当に美味しいから、

収穫して、

料理して、

食べて、

食べて、

食べて…笑

 

今日は毎年作っている保存食を紹介します!

 

簡単!自家製トマトピューレ!

今回は無農薬トマトをいただいたので、

これをトマトピューレにしていきます!

f:id:indigoblue724:20181017215856j:image

(傷物で出荷できないものだそう!捨てる?とんでもない!)

 

準備物はたった4つ!

過程にあるもので簡単にできちゃいますよ!

  • トマト
  • ミキサー
  • 保存用ビン
  • 煮詰める用の鍋

ビンは家族の人数に合わせるのがポイントです!

少人数でこまめに使う場合は小さめがオススメ!

蓋をあけると、

早く使い切らないと、

カビてしまうんです!

 

作り方

1. まずはビンを煮沸消毒します。

 わたしは半年以上保存することが多いので、

 この過程はしっかりと行います。
f:id:indigoblue724:20181017215902j:image

(5分〜10分くらいしっかり煮ます。)

 

2. トマトをミキサーにかける。

 洗ったトマトを適当にカットし、

 ミキサーにかけます。

 ミキサーを使うことで、

 皮ごとピューレにすることが出来るんですよ!
f:id:indigoblue724:20181017215850j:image
f:id:indigoblue724:20181017215910j:image

(無農薬トマトだから安心!)

 

3. 煮詰める。

 鍋でミキサーにかけたトマトを火にかけます。

 焦がさないようにしましょう!
f:id:indigoblue724:20181017215900j:image
f:id:indigoblue724:20181017215853j:image

(わたしはフライパンを使っています。)

 

煮詰め具合は半分以下になるくらいまで。

水分が減ってくると、

焦げやすくなります。

適度にかき混ぜましょう!

 

4. ビン詰め。

 熱いうちにビン詰めします。

 なるべくギリギリまで入れると、

 空気が入らず、

 カビることを防げます。
f:id:indigoblue724:20181017215847j:image

(いい赤いろ^^)

 

5. 保存

 冷蔵庫で保存するのが望ましいですが、

 そこまで気温が上がらなければ、

 冷蔵庫でなくても◎

 わたしは、

 蔵で保存しています。

 冬場は問題ないですし、

 夏場も暑くても気温が15度くらいです。

 保存期間も

 経験上、

 半年からなんだかんだ1年くらい平気です。
f:id:indigoblue724:20181017215844j:image

 

おわりに

いかがでしたか?

家庭菜園していて、

トマトが余った場合や、

大量にトマトをもらった時など、

ぜひお試しください!

 

保存期間は目安ですが、

実際には蓋を開けて確認してくださいね。

表面にちょろっとカビは生えているくらいなら、

わたしは表面をすくって、

料理に使いますよ!笑 

 

蓋を開けてからは、

早く使い切りましょう!

これは間違いないです!

 

ではでは、

素敵なトマト生活を〜^^