ひとはな日和

脱サラし移住した田舎でサラリーマンしながら畑やってます!目指せ!脱サラと、ひそかに自給自足に憧れています。

「アウトプット大全」読みました。

おはようございます。

Syoです。

今日は樺沢紫苑さんの「アウトプット大全」を読んだので、

その感想を書いていきます。

 

手に取ったキッカケ

Amazonのあなたにオススメ本の中にあった書籍でした。

誰でも自由に様々な媒体で表現ができる現代、

「どのようにアウトプットで差別化できるかなぁ」

と思ったのが購入理由です。

 

結果的には、

思っていた答えが書かれている本ではありませんでした。

 

ですが、

アウトプットの重要性について、

今までの知識とは異なるもので、

知ってよかったと思える内容でした。

 

タメになる内容が盛りだくさんですので、

オススメですよー!

 

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

 

 

どんな本か

もっとも勉強になったのは、

アウトプットの重要性。

 

例えば、「本を読むこと」に関しては、

読んで終わりではなく、

行動まで繋げることの大切さを説明しています。

 

目標を達成するためのアウトプットの仕方や、

日常的にアウトプットすることの大切さ、

そのやり方などを、

読みやすい、わかりやすい文章で書かれています。

サッと読めてしまいます。

 

そのほかの内容は、

話し方、

書き方、

断り方、

などなど、

コミュニケーションに関することも書かれていますね。

 

なるほど!ポイント!

その中で特に実践したい、

参考にしたいことを紹介しますね。

 

脳に読み込まれた情報には、

私たちの意識とは違うところで、

優先順位がつけられてしまうそうです。

脳は科学的に、

使用頻度によって情報の重要度を決めるため、

入ってきた情報に「いい情報」「悪い情報」などの区別はありません。

よく使われる情報を取り出しやすい状態にしておくので、

覚えておきたいことは何度も使う必要があります。

 

 

これこれ。

自己啓発本を読んで、

「感動した!」

「なるほど!」

「やる気が出た!」

…終わり。

このパターンって多くないですか?

本はたくさん読んでいるのに、

成長しない、

自己満足で終わってしまうことの多いこと…

それは、

アウトプットしていないから。

誰かに話すだけでも、

立派なアウトプットです。

そうして、情報を使うことで脳内でも、

重要な情報と認識され、

簡単には忘れなくなります。

 

 

思考の訓練!

なんでも初めからうまくできる人はいませんよねー。

もっとブログも頑張ろうとやる気になりました!

 

おわりに

アウトプットの重要性を理解できる本です。

一過性の知識にならないように、

どんどんアウトプットしていきたいと思います。